HOME > フルーフブログ > アーカイブ > 2019年10月

フルーフブログ 2019年10月

冬の乾燥老化④

肌の潤いを保つために気をつけたいのは食生活。
肌の乾燥対策には、

・人参、カボチャ、ほうれん草などのビタミンA.
・レバー、チーズ、卵、牛乳の、ビタミンB2
・魚、とうもろこしのビタミンB6

油は太りやすいという固定観念がありますが、
女性の体には必要なもの。油抜きの食事は、肌の乾燥につながります。
蓄積しにくい、MCTオイル、ココナツオイル、
必須脂肪酸を含む、アルガンオイル、亜麻仁油はオススメです。

しかし、通常の食事では限界があるので、
プラセンタ、コラーゲンなどのサプリも活用しましょう。

私たちの命の始まり、それは受精卵です。
2つに細胞分裂した一方が胎児、もう一方がプラセンタ(胎盤)となります。
命の源であるプラセンタは、胎児に栄養を送る役割を終えると、
今度は、体調不良、加齢などで苦しむ人の大きな役割を担ってくれます。
人のために、こんなにも使命を果たしているものは、他にないのでしょうか。

そんなプラセンタを、フリーズドライにして、そのまま使用できる、
ジュリアータスペシャルプラセンタ、一度おためしください。

この冬を快適に、美しく乗り切りましょう!

乾燥老化終わり。。








冬の乾燥老化③

乾燥老化②の続き、、

生活環境の中で、知らず知らずのうちに肌を乾燥させる要因があることを、
知っておかなければなりません。
エアコンの使用は、湿度40%以下、防寒のための発熱下着、
就寝時の電気毛布など、肌に直接ふれるものは注意。
寒いときは、ホットカーペットの上に、布団を引くなどのほうが〇!

体を洗う時のナイロンタオルは×
石鹸をよく泡立て、手でなでるように洗う。
部屋はよく加湿し、ぬるめのお湯でお風呂に入る。
入浴後の肌の保湿は、体が濡れているときに、
ボディクリームを塗りましょう。

汗をかいたときに、かいた汗が刺激となり、
肌荒れや、乾燥トラブルも。
直接触れる下着は、木綿や滑りの良い素材のものを選びましょう!

乾燥老化④最終に続く。


冬の乾燥老化②

乾燥老化①の続き。。。
膝下は、全身の中でも最も乾燥しやすい場所です。
秋冬は冷えによる、血行不全も乾燥の原因になるので、保湿ケアは、9月から!!
手荒れも深刻ですが、意外にトイレのハンドドライヤーも水分が奪われ注意。
ハンカチで優しく拭きましょう。

<部分ケア対処法>
かかと→ヤスリで削りすぎ× 保湿で柔らかくしてから、余分を削る
手指→ハンドクリームがだめなら、皮膚科でステロイドを
爪→市販のワセリンが有効

乾燥老化③に続く。。。

台風19号

本日12日、お店は休業させていただきます。
13日も様子を見ながら、再開させていただきたく思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

緊急のご連絡等がありましたら、
サロンカードのコメント欄にて、ご記入くださいませ。



冬の大敵乾燥老化⓵

乾燥老化につきまして、
シリーズでお伝えします。

年齢を重ねるごとに、肌の乾燥は進みます。
(私も、かなりの乾燥はだ!!涙)

30代後半から皮膚の分泌や肌のターンオーバーが乱れ、
肌の水分を取り込む機能が衰えてきます。
更年期になると、ホットフラッシュによる発汗で、
肌の乾燥は顕著になります!!

60歳を過ぎると、90%の人は皮脂欠乏性湿疹を
引き起こすと言われています。
これは、かゆみやかさぶたができる皮膚病で、
病院での治療が必要!!

<乾燥注意場所>
スネ、腰回り→皮脂腺弱い
顔→大気にさらされる、洗顔注意
 乾燥老化②に続く





1

« 2019年9月 | メインページ | アーカイブ

このページのトップへ